【徹底検証】モンテカルロ法とは?100回検証した結果まとめ

今回は「モンテカルロ法」という必勝法の紹介と検証を行います。

モンテカルロ法は、理論上は負けないシステムベットと言われています。

 

「モンテカルロ法の賭け方が知りたい」、「モンテカルロ法の検証結果が見たい」という方の参考になれば幸いです。

 

本記事の内容

・モンテカルロ法の賭け方

・モンテカルロ法の検証

・モンテカルロ法のメリット・デメリット

・人気オンラインカジノ紹介

それでは、モンテカルロ法について順に説明していきます。

 

モンテカルロ法とは?

モンテカルロ法は、2倍配当、3倍配当のゲームで使用可能です。

理論上は負けないシステムベットで、カジノを破産させた必勝法とも言われています。

 

数列を使うので、紙とペンなどの記録できるものを準備する必要があります。

それではモンテカルロ法の賭け方の手順を紹介します。

 

2倍配当、3倍配当かで少し賭け方の手順が変わるので、2倍配当の場合から説明します。

 

step
1
モンテカルロ法(2倍配当)の手順①

モンテカルロ法は、「1 2 3」という数列からスタートします。

そして、数列の両端の数字を足した数がBET額となります。

 

数列が「1 2 3」なので、1ゲーム目のBET額は、両端の数字を足した「1+3=$4」となります。

もし勝った場合は、数列の両端の数字を1つずつ消し、負けた場合は数列の右側にBETした額を書き加えてください。

 

勝った場合:「1 2 3」→「2」

負けた場合:「1 2 3」→「1 2 3 4」

勝った場合はモンテカルロ法1セットが終了で、負けた場合は手順②へ進みます。

 

step
2
モンテカルロ法(2倍配当)の手順②

1ゲーム目は負けると数列は「1 2 3 4」となります。

よって2ゲーム目のBET額は、数列の両端の数字を足して「1+4=$5」となります。

 

手順①と同様で、もし勝った場合は数列の両端の数字を1つずつ消し、負けた場合は数列の右側にBETした額を書き加えてください。

 

勝った場合:「1 2 3 4」→「2 3」

負けた場合:「1 2 3 4」→「1 2 3 4 5」

これを繰り返し、数列の数字が1つになるか、すべて消えれば1セットが完了です。

1セットが完了すると、ほとんどの場合プラス収支になります。

 

以下に、モンテカルロ法(2倍配当)の1セットの例を紹介します。

 

モンテカルロ法(2倍配当)1セットの例」

ゲーム数 BET額 勝敗 収支額 数列
1ゲーム目 $4 -$4 1 2 3 4
2ゲーム目 $5 -$9 1 2 3 4 5
3ゲーム目 $6 -$3 2 3 4
4ゲーム目 $6 -$9 2 3 4 6
5ゲーム目 $8 -$1 3 4
6ゲーム目 $7 -$8 3 4 7
7ゲーム目 $10 -$18 3 4 7 10
8ゲーム目 $13 -$5 4 7
9ゲーム目 $11 +$6 -

 

1セットを完了させることでしっかりプラス収支にすることができています。

特に注目してほしいのが勝敗で、負けの数の方が多くても1セットを終了させることができています。

 

勝てば数列の数字が2個減り、負ければ数列の数字が1つ増えるので、勝率50%のゲームで3回に1回以上勝ちつつければ数列の数字は確実に消えていきます。

これによりこの必勝法は理論上は負けない必勝法となっています。

 

 

次に、モンテカルロ法(3倍配当)の手順を紹介していきます。

 

step
1
モンテカルロ法(3倍配当)の手順①

モンテカルロ法(3倍配当)の初期数列は、2倍配当の時と同様で「1 2 3」です。

BET額も2倍配当の時と同じで、数列の両端の数字を足した数となります。

 

唯一違うのは、勝った時は数列の両端の数字を2つずつ消去するという点です。

1ゲーム目に勝った場合は1セット終了で、負けた場合は次の手順に続きます。

 

step
2
モンテカルロ法(3倍配当)の手順②

2ゲーム目以降も同様、数列の両端の数字を足した数をBETします。

数列が「1 2 3 4」なので、「1+4=$5」がBET額となります。

 

手順①と同様で、もし勝った場合は数列の両端の数字を2つずつ消し、負けた場合は数列の右側にBETした額を書き加えてください。

モンテカルロ法(3倍配当)の場合、数列が5個以下の時に勝利すれば1セットが終了となります。

 

勝った場合:「1 2 3 4 5」→「3」

負けた場合:「1 2 3 4 5」→「1 2 3 4 5 6」

1セットを終了させることで、高確率で利益を得ることができるようになっています。

 

以下に、モンテカルロ法(3倍配当)の1セットの例を紹介します。

 

モンテカルロ法(3倍配当)1セットの例」

ゲーム数 BET額 勝敗 収支額 数列
1ゲーム目 $4 -$4 1 2 3 4
2ゲーム目 $5 -$9 1 2 3 4 5
3ゲーム目 $6 -$15 1 2 3 4 5 6
4ゲーム目 $7 -$1 3 4
5ゲーム目 $7 -$8 3 4 7
6ゲーム目 $10 -$18 3 4 7 10
7ゲーム目 $13 +$8

 

3倍配当では勝利時に数列の数字が4つも減るので、最初の3ゲーム目以内に1回でも勝利できれば1セットが終了となります。

数列の数字が2つの時に勝利できれば利益が大きく、数列の数字が5つの時に勝利で利益が少なくなります。

 

3倍配当の場合も勝率33%のゲームで5回に1回以上勝ち続ければ確実に数列が減っていくようになっています。

よって、こちらも理論上は負けない必勝法となっています。

 

では、モンテカルロ法をカジノで使うと一体どのくらい資金を増やすことができるのでしょうか?

今回は2倍配当と3倍配当の両方を100回ずつ検証していきたいと思います。

 

モンテカルロ法の検証

 

今回はモンテカルロ法の2倍配当、3倍配当の両方を検証しました。

検証に使用したのは、ベラジョンカジノの「Roulette Neo」というヨーロピアンルーレットです。

 

ルーレットの赤に100回BETし続け、資金がどのように変化したかをグラフにまとめました。

まずはモンテカルロ法(2倍配当)の方の検証結果からお伝えします。

 

まずは勝ち負けの内訳が以下のようになりました。

勝ち:52回

負け:48回

 

続いて、モンテカルロ法(2倍配当)100ゲームの収支の推移を示したグラフが以下の通りです。

 

中盤で負け数が多くなり、収支が大きくマイナスになりましたが、1セットを完了させることで収支を戻すことに成功しています。

その後は利益を順調に伸ばし、最終的な収支は+$57となりました。

 

大きく連敗してしまったとしても、続けていれば確実に数列の数字は少なくなっていきました。

1ゲームでの最高BET額も$136で、テーブルリミットの$5000には程遠く、全く負ける気配を感じませんでした。

 

短時間で大きく稼げるような必勝法ではありませんが、少しずつ利益を増やすことができます。

カジノを破産させた必勝法と言われているだけあり、とても強力な必勝法であることがわかりました。

 

 

次に、モンテカルロ法(3倍配当)の検証結果をお伝えしていきます。

まずは勝ち負けの内訳が以下のようになりました。

勝ち:27回

負け:73回

勝率の理論値が33%なので、確立よりも負けの数が多いという結果になりました。

 

次に、モンテカルロ法(3倍配当)100ゲームの収支の推移を示したグラフが以下の通りです。

こちらは収支の振れ幅がかなり大きくなりました。

中盤で一度収支が-$1496とかなり大きなマイナスとなりましたが、こちらも1セットを完了させることで利益を大きなプラスにすることができました。

 

その後は連敗することもなく、100ゲームの最終的な収支は「+$602」という結果となりました。

3倍配当の方は、1セットが長引くと完了させたときの利益がかなり大きくなることがわかりました。

 

最長で1セットを終了させるのに42ゲームかかりましたが、その1セットの利益は+$508となりました。

もし短時間で大きな利益を出したいのであれば、2倍配当よりも3倍配当の方が良いと考えられます。

 

しかし、3倍配当の1ゲームの最高BET額は「$658」と2倍配当の時よりもかなり高額になりました。

3倍配当の場合はテーブルリミットが「$3500」と2倍配当の時よりも低いので、3倍配当の方がテーブルリミットに達する確率は高いと考えられます。

 

よって、安全に利益を出したいなら2倍配当、大きな利益を出したいなら3倍配当でモンテカルロ法を使用するのが良いという結論に至りました。

 

モンテカルロ法のメリット・デメリット

今回はモンテカルロ法の2倍配当、3倍配当の検証を行いました。

その検証でわかったモンテカルロ法のメリット・デメリットをまとめました。

 

モンテカルロ法のメリット1:理論上は負けない

モンテカルロ法のメリットの1つ目は、理論上は負けないシステムベットであるという事です。

2倍配当の際は勝率50%のゲームで3回に1回以上、3倍配当の際は勝率33%のゲームで5回に1回以上勝てば数列の数字が確実に減っていくので理論上は負けることのない必勝法です。

 

しかし、実際のカジノにはテーブルリミットが設定されています。

もしテーブルリミットに達してしまった場合はモンテカルロ法を続けることができなくなってしまうため、それが唯一の負け筋となっています。

 

モンテカルロ法のメリット2:勝った時の利益が大きい

モンテカルロ法のメリットの2つ目は、勝利時の利益が大きいことです。

特に3倍配当の場合は、1セットが長引くほど勝利の利益がとても大きくなります。

 

今回の検証では、1ゲームで得られた最高の利益額は+$508とかなり大きく、短時間で大きな利益を得ることができる必勝法であることがわかりました。

2倍配当でも、3倍配当ほどの利益はありませんがテーブルリミットに達しにくいというメリットがあります。

 

安全に利益を出したいなら2倍配当、大きな利益を出したいなら3倍配当でモンテカルロ法を使用するという様に使い分けができるのも大きなメリットです。

 

 

モンテカルロ法のデメリット1:1セット完了で利益が出ないことがある

モンテカルロ法のデメリットの1つ目は、1セットを完了しても利益が出ないことがあるという事です。

モンテカルロ法は数列の数字がすべて消えるか、数列の数字が1つになったら1セットが完了ですが、数列の数字を1つ残して1セットを完了させると収支がマイナスになることがあります。

 

1セットが完了しても利益が出ない例を紹介します。

ゲーム数 BET額 勝敗 収支額 数列
1ゲーム目 $4 -$4 1 2 3 4
2ゲーム目 $5 +$1 2 3
3ゲーム目 $5 -$4 2 3 5
4ゲーム目 $7 -$11 2 3 5 7
5ゲーム目 $9 -$20 2 3 5 7 9
6ゲーム目 $11 -$31 2 3 5 7 9 11
7ゲーム目 $13 -$44 2 3 5 7 9 11 13
8ゲーム目 $15 -$29 3 5 7 9 11
9ゲーム目 $14 -$15 5 7 9
10ゲーム目 $14 -$1 7

 

こちらはモンテカルロ法(2倍配当)で数列を一つ残して1セットを完了させた例です。

1セットを終了させても最終的な収支が-$1とマイナスになっています。

 

決して大きなマイナスになることはありませんが、マイナスになることもあるという事を覚えておいてください。

 

モンテカルロ法のデメリット2:BET額の上昇が急になることがある

モンテカルロ法のデメリットの2つ目は、数列の数字が大きい状態で連敗BET額が急激に上昇することがあるという事です。

今回の検証で一番BET額の上昇が激しかったのが、数列の数字が「103 144 185」の状態で3連敗してしまった時です。

 

この3連敗だけで「288+391+494 = -$1173」の損失となりました。

もしこのまま連敗が続いていたらテーブルリミットに達していた可能性があります。

 

テーブルリミットに達してしまうと大損失となってしまうので3倍配当でモンテカルロ法を使用するときはもしものことを考えておきましょう。

 

 

モンテカルロ法の検証まとめ

今回は実際のオンラインカジノでモンテカルロ法の検証を行いました。

安全に利益を出したいなら2倍配当、大きな利益を出したいなら3倍配当でモンテカルロ法を使用する、という様に使い分けることができる強力な必勝法であることがわかりました。

 

このモンテカルロ法を使ってみたいという方は、下記に人気のオンラインカジノを紹介しておりますのでよければご利用ください。

 

人気のオンラインカジノ

 

1.ベラジョンカジノ(Vera&John)

・完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!

・日本のクレジットカードで入金可能!

・初回入金で最大$500のボーナスがもらえる!

 

2.ラッキーニッキー(LuckyNiki)

・日本語サポートが充実!

・オンラインカジノゲーム2000種以上!

・キャンペーンやプロモーションが豊富!

 

3.エンパイアカジノ(EMPIRE777)

・業界最大級のライブディーラー数!

・24時間365日スピーディーな出金対応!

・VIPプレイヤー限定の豪華体験!

 

人気の記事一覧

1

今回は、アニメテーマのオンラインカジノ「ラッキーニッキー」の評判についてです。ラッキーニッキーは、カジノゲーム数が多く、日本語対応のサポートも充実しているため、日本で人気上昇中のオンラインカジノです。 ...

2

今回は、アニメテーマのオンラインカジノ「ラッキーニッキー」の登録方法についてです。ラッキーニッキーは国内電話、メール、チャットで手厚い日本語サポートがついており、オンラインカジノゲームは2000種以上 ...

3

今回はベラジョンカジノに登録する方法を解説します。ベラジョンカジノは、日本語対応やサポートが充実しているので、日本人プレイヤーが多いカジノです。初回は入金するだけでボーナスがもらえたり、とても良心的な ...

4

  今回は、「2in1法」という必勝法をご紹介していきたいと思います。 「2in1法の賭け方が知りたい」、「2in1法の検証結果が見たい」という方の参考になれば幸いです。 本記事の内容 ・2 ...

5

今回は「ダランベール法」という必勝法をご紹介していきます。 ダランベール法は勝率が50%以下でも利益がでる必勝法です。   「ダランベール法の賭け方が知りたい」、「ダランベール法の検証結果が ...

-モンテカルロ法
-

© 2022 カジノ研究室 Powered by AFFINGER5