【徹底検証】ダランベール法とは?100回検証してみた結果

今回は「ダランベール法」という必勝法をご紹介していきます。

ダランベール法は勝率が50%以下でも利益がでる必勝法です。

 

「ダランベール法の賭け方が知りたい」、「ダランベール法の検証結果が見たい」という方の参考になれば幸いです。

 

本記事の内容

・ダランベール法の賭け方

・ダランベール法の検証

・ダランベール法のメリット・デメリット

・人気オンラインカジノ紹介

 

それでは、ダランベール法の賭け方から順に説明していきます。

 

ダランベール法とは?

ダランベール法は、2倍配当のゲームで使用できる必勝法です。

勝ちか負けかによって、BET額が増減していくシステムベットです。

 

勝率が50%以下でも利益を出せるのが最大の特徴です。

それでは、賭け方の手順を紹介していきます。

 

step
1
ダランベール法の手順①

まずは初期BET額の$1を1ゲーム目にBETします。

そしてここからは、勝ったら次のゲームのBET額を-$1、負けたら次のゲームのBET額を+$1していきます。

 

$1をBETして勝った場合は、次のBET額も$1で構いません。

この必勝法は、1セットという概念が無く勝ったら-$1、負けたら+$1を繰り返し、自分の好きなタイミングで止めて構いません。

 

 

この必勝法の効果が一番発揮されるのが、勝ち負けが交互に続いたときです。

勝ち負けが交互に続くと、BET額は「$1→$2→$1→$2→$1…」と変化していきます。

 

この必勝法を使うと、$2の時に勝ち、$1の時に負けるので、勝ち負けが交互に続くと+$1ずつ利益が発生します。

また、ダランベール法は勝率が50%以下でも利益を発生させることができます。

 

ダランベール法の使用例

ゲーム数 BET額 勝敗 収支額
1ゲーム目 $1 -$1
2ゲーム目 $2 -$3
3ゲーム目 $3 -$6
4ゲーム目 $4 -$2
5ゲーム目 $3 +$1
6ゲーム目 $2 -$1
7ゲーム目 $3 +$2
8ゲーム目 $2 +$4
9ゲーム目 $1 +$3

初期BET$1で、ダランベール法を9ゲーム行った時の表です。

7ゲーム目を見ると、3勝4敗と負けの方が多くてもプラスの利益が出ていることがわかります。

 

また、全体的に見ても勝率が50%よりも低いですが、最終的な利益はプラスになっています。

BET額の上昇も緩やかで、低リスクな必勝法であると言えます。

 

では、ダランベール法を実際に使うとどのくらい資金を増やすことができるのでしょうか?

オンラインカジノのルーレットを用いて検証していきたいと思います。

 

ダランベール法の検証

 

実際にダランベール法を使って資金がどれぐらい増えるのかを検証します。

今回の検証に使うのは「Roulette Neo」というベラジョンカジノのヨーロピアンルーレットです。

 

ルーレットの赤に100回賭け続けて、収支がどのように変化したかグラフにまとめました。

まずは100ゲームの勝ち負けの内訳がこちらです。

勝ち:52回

負け:48回

 

勝ちの回数の方が少し多いという結果になりました。

また、極端に勝ち負けが偏っているという事もありませんでした。

 

次に、100ゲームの収支額の推移を示したグラフがこちらです。

出だしは好調で、+収支をキープすることができていましたが、30ゲーム目あたりで負けの数が多くなり、一度-$36まで収支が下がりました。

しかし、その後連勝により負けを取り戻すことに成功して、順調に利益を伸ばし、最終的な収支は+$48という結果になりました。

 

この必勝法を検証してわかったことは、低リスクで安全に稼ぐことができるという事です。

負けてもBET額が$1ずつしか増加しないため、マーチンゲール法のようにBET額が一気に上昇することはありません。

 

また、勝率が50%以下でも利益を出すことができるため、連敗してしまっても長く続ければ安全に負けを取り戻すことが可能となっています。

グラフのギザギザの部分を見るとわかりますが、勝ち負けが交互に続いても利益が増える点も、かなり強力です。

 

よって、短時間で大きく稼ぐことはできませんが、低リスクで時間をかければ確実に利益を手に入れることができる強力な必勝法であることがわかりました。

 

ダランベール法のメリット・デメリット

今回はオンラインカジノを使って、ダランベール法をルーレットで100回検証しました。

その検証中に感じたダランベール法のメリット・デメリットをまとめてみました。

 

ダランベール法のメリット1:勝率が50%以下でも利益が出る

ダランベール法のメリットの1つ目は、勝率が50%以下でも利益が出るという事です。

2倍配当のゲームで勝率50%以下でも利益が出るので、運悪く相当連敗しない限りは負けることがありません。

 

また、勝ちと負けが交互に続いても利益が出るというのもこの必勝法のメリットです。

これらのことより、安定して稼ぐことが可能となっています。

 

ダランベール法のメリット2:リスクが低い

ダランベール法のメリットの2つ目は、リスクが少ないという事です。

負けた時にBET額が増加しますが、1ゲーム当たり+$1ずつしか増加しません。

 

よって、大連敗してしまった場合にも、そこまでBET額が大きく増加することがありません。

テーブルリミットに達する心配もなく、時間をかければ確実に利益を発生させることができます

 

 

ダランベール法のデメリット1:短時間で大きな利益は出ない

ダランベール法のデメリットの1つ目は、短時間では稼げないことです。

守備型の必勝法なので、ローリスク・ローリターンとなっています。

 

よって、低資金でカジノをじっくり楽しみたいという方や、時間をかけて堅実に利益を出したいという方向けの必勝法となっています。

短時間で大きく稼ぎたい方は、「グランマーチンゲール法」や、「ウィナーズ投資法」などがおすすめです。

 

【検証】グランマーチンゲール法をルーレットで100回検証した結果

今回は「グランマーチンゲール法」という必勝法をご紹介していきます。 「グランマーチンゲール法の賭け方が知りたい」「グランマーチンゲール法の検証結果が見たい」という方の参考になれば幸いです。 &nbsp ...

【徹底検証】ウィナーズ投資法の勝率は?100回検証して調べてみた

ウィナーズ投資法という必勝法を知っていますか?ウィナーズ投資法は数列を用いる必勝法で、上級者向けの必勝法であると言われています。果たして、この上級者のウィナーズ投資法の勝率はどのくらいなのかということ ...

 

ダランベール法のデメリット2:連敗が続くとプラスに戻すのに時間がかかる

ダランベール法のデメリットの2つ目は、一度大きな連敗をすると、取り戻すにはかなりの時間がかかるという事です。

連敗分のを取り戻すには、確率の収束により勝ちが増えるのを待つか、勝ち負けを交互に繰り返した時の利益を積み重ねるかのどちらかになります。

 

どちらにしてもかなりの時間がかかってしまうので、根気よく続けていく必要があります。

序盤に大きく連敗してしまった場合は、一度損切りするのも一つの手だと思います。

 

 

ダランベール法のまとめ

ダランベール法は、勝率が50%以下、もしくは勝ち負けが交互に続いた場合でも利益を出すことができます。

低リスクで、時間をかければ確実な利益を生み出すことができる強力な必勝法であることがわかりました。

 

人気のオンラインカジノ

1.ベラジョンカジノ(Vera&John)

・完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!

・日本のクレジットカードで入金可能!

・初回入金で最大$500のボーナスがもらえる!

 

2.ラッキーニッキー(LuckyNiki)

・日本語サポートが充実!

・オンラインカジノゲーム2000種以上!

・キャンペーンやプロモーションが豊富!

 

3.エンパイアカジノ(EMPIRE777)

・業界最大級のライブディーラー数!

・24時間365日スピーディーな出金対応!

・VIPプレイヤー限定の豪華体験!

人気の記事一覧

1

今回は、アニメテーマのオンラインカジノ「ラッキーニッキー」の評判についてです。ラッキーニッキーは、カジノゲーム数が多く、日本語対応のサポートも充実しているため、日本で人気上昇中のオンラインカジノです。 ...

2

今回は、アニメテーマのオンラインカジノ「ラッキーニッキー」の登録方法についてです。ラッキーニッキーは国内電話、メール、チャットで手厚い日本語サポートがついており、オンラインカジノゲームは2000種以上 ...

3

今回はベラジョンカジノに登録する方法を解説します。ベラジョンカジノは、日本語対応やサポートが充実しているので、日本人プレイヤーが多いカジノです。初回は入金するだけでボーナスがもらえたり、とても良心的な ...

4

  今回は、「2in1法」という必勝法をご紹介していきたいと思います。 「2in1法の賭け方が知りたい」、「2in1法の検証結果が見たい」という方の参考になれば幸いです。 本記事の内容 ・2 ...

5

今回は「ダランベール法」という必勝法をご紹介していきます。 ダランベール法は勝率が50%以下でも利益がでる必勝法です。   「ダランベール法の賭け方が知りたい」、「ダランベール法の検証結果が ...

-ダランベール法
-

© 2022 カジノ研究室 Powered by AFFINGER5