【徹底検証】ラブシェール法とは?10セット検証した結果まとめ

今回は、「ラブシェール法」という必勝法をご紹介していきます。

ラブシェール法は、自分で決めた軍資金以上は減らないシステムベットです。

 

「ラブシェール法の賭け方が知りたい」、「ラブシェール法の検証結果が見たい」という方の参考になれば幸いです。

 

本記事の内容

・ラブシェール法の賭け方

・ラブシェール法の検証

・ラブシェール法のメリット・デメリット

・人気オンラインカジノ紹介

それでは、ラブシェール法について順に説明していきます。

 

ラブシェール法とは?

ラブシェール法は、2倍配当のゲーム(バカラ、ブラックジャック、ルーレット赤黒など)で使用できる必勝法です。

数列を使用するため、紙とペンなどの記録できるものを用意する必要があります。

 

自分であらかじめ軍資金を決めておくことで、それ以上の損失が出ないようにするシステムベットです。

それでは、賭け方の手順を説明していきます。

 

step
1
ラブシェール法の手順①

まずはゲームで使用する軍資金を設定し、4つ以上の数列に分解します。

今回の検証では軍資金を$10×10セットとし、1セットの数列は「1 2 4 2 1」とします。

 

数列の数字は合計が1セットの軍資金の金額となっていれば、いくつに分解しても構いません。

今回の場合だと「2 2 2 2 2」や、「1 1 1 1 1 1 1 1 1 1」としてもOKです。

 

step
2
ラブシェール法の手順②

数列が決まったら、1ゲーム目は数列の両端の数字を足した金額をBETします。

今回の場合だと数列は「1 2 4 2 1」なので、「1+1=$2」となります。

 

勝った場合は数列の一番右にBETした金額の数字を書き加え、負けた場合は数列の両端の数字を消去します。

勝ち続けると数列の数字が増え続け1セットが完了しないので、何連勝したら1セットを終了するかを決めておく必要があります。

 

今回は2連勝したら1セットを終了させることにします。

2連勝するか、数列の数字がすべて消えたら1セットが終了で、これを10セット行います。

 

ラブシェール法の使用例

ゲーム数 BET額 勝敗 収支 数列
1ゲーム目 $2 +$2 1 2 4 2 1 2
2ゲーム目 $3 -$1 2 4 2 1
3ゲーム目 $3 -$4 4 2
4ゲーム目 $6 +$2 4 2 6
5ゲーム目 $10 +$12 4 2 6 10

 

5ゲーム目で2連勝したので1セットが終了です。

勝つと数列の数字が大きくなるので、連勝することで大きな利益を得ることができます。

 

では、ラブシェール法は一体どのくらい資金を増やすことが可能なのでしょうか?

実際のオンラインカジノで使って検証していきたいと思います。

 

ラブシェール法の検証

今回は、オンラインカジノでラブシェール法の検証を行いました。

使用したのはベラジョンカジノの「Roulette Neo」というヨーロピアンルーレットです。

 

ラブシェール法を10セット行い、収支の変化やわかったことなどをまとめました。

まずは勝敗の内訳が以下の通りとなりました。

勝ち:18回

負け:24回

ラブシェール法10セットを終えるのにかかったゲーム数は、42ゲームでした。

試行回数が少ないので確率が偏ってしまい、負けの方が多くなってしまいました。

 

次に、ラブシェール法10セットの収支の推移を示したグラフが以下の通りです。

序盤から中盤にかけては好調でどんどん収支が増えていったのですが、後半は負けの数が多くなりどんどんマイナスになってしまいました。

10セット終わったときの総収支額は、「-$14」という結果になりました。

 

ラブシェール法は、同じ勝率50%でも連敗したあとに連勝するか、勝ちと負けが交互に出るかで収支が大きく変わることがわかりました。

連勝した際は大きな利益を得ることができますが、勝ち負けが交互に続くと少しずつ収支がマイナスになっていきます。

よって、勝ち負けの流れを見極めることが大切な必勝法だと言えます。

 

そしてこの検証でわかったことは、ラブシェール法は利益を得ることが目的ではないという事です。

ラブシェール法を始める前に使用する軍資金を決めますが、もし負けた時の損失を決めた金額で抑えるという必勝法です。

 

もし利益を出したいのであれば、利益を得るために作られた必勝法を使ったほうが良いと考えました。

利益を出せる必勝法を下記にいくつか載せておきますので、良ければご覧ください。

 

 

ラブシェール法のメリット・デメリット

今回はオンラインカジノでラブシェール法を10セット検証しました。

その検証でわかったラブシェール法のメリット・デメリットをまとめてみました。

 

ラブシェール法のメリット1:資金管理がしやすい

ラブシェール法のメリットの1つ目は、資金管理がしやすいという事です。

始める前に軍資金をいくらにするか決めるので、負けてしまってもそれ以上に損失が出ることはありません。

 

資金管理や損切りのタイミングを見極めるのが苦手な方に向いている必勝法だと言えるでしょう。

 

ラブシェール法のメリット2:連勝時の利益が大きい

ラブシェール法のメリットの2つ目は、連勝すると大きな利益を得ることができるという事です。

ラブシェール法は勝利したとき、数列の両端の数字を足した数を数列の右側に書き加えます。

 

よって、勝利することで数列の数字が大きくなっていき、次回のBET額も増していきます。

これにより連勝時に大きな利益を生み出すことが可能となっています。

 

 

ラブシェール法のデメリット1:利益を出すことが目的ではない

ラブシェール法のデメリットの1つ目は、利益を出すことが目的ではない必勝法だという事です。

どちらかと言うと、負けた時の損失を抑えることが目的の必勝法です。

 

負けることを前提に考えているので、カジノを楽しみたい方や、利益を出したい方には不向きの必勝法だと言えます。

 

ラブシェール法のデメリット2:連勝しなければ利益が出にくい

ラブシェール法のデメリットの2つ目は、連勝しなければ利益が出にくいという事です。

「××○○」と「〇×〇×」では、同じ勝率でも前者は利益、後者は損となります。

 

よって、使用する際には勝ち負けの波をうまく見極める必要があります。

また、数列の数字の個数を少なくしすぎると、連敗ですぐに1セットが終了して損失が確定してしまうというデメリットもあります。

 

 

ラブシェール法の検証まとめ

今回はラブシェール法の検証を行いました。

この必勝法は、利益を出すことが目的ではありませんが、資金管理がしやすく、損失を最低限に抑えることができる必勝法であることがわかりました。

 

ラブシェール法を自分の手でも試してみたいという方は、下記に人気のオンラインカジノを紹介しておりますので、良ければご覧ください。

 

人気のオンラインカジノ

 

1.ベラジョンカジノ(Vera&John)

・完全日本語対応+スマホ対応のブラウザゲーム!

・日本のクレジットカードで入金可能!

・初回入金で最大$500のボーナスがもらえる!

 

2.ラッキーニッキー(LuckyNiki)

・日本語サポートが充実!

・オンラインカジノゲーム2000種以上!

・キャンペーンやプロモーションが豊富!

 

3.エンパイアカジノ(EMPIRE777)

・業界最大級のライブディーラー数!

・24時間365日スピーディーな出金対応!

・VIPプレイヤー限定の豪華体験!

人気の記事一覧

1

今回は、アニメテーマのオンラインカジノ「ラッキーニッキー」の評判についてです。ラッキーニッキーは、カジノゲーム数が多く、日本語対応のサポートも充実しているため、日本で人気上昇中のオンラインカジノです。 ...

2

今回は、アニメテーマのオンラインカジノ「ラッキーニッキー」の登録方法についてです。ラッキーニッキーは国内電話、メール、チャットで手厚い日本語サポートがついており、オンラインカジノゲームは2000種以上 ...

3

今回はベラジョンカジノに登録する方法を解説します。ベラジョンカジノは、日本語対応やサポートが充実しているので、日本人プレイヤーが多いカジノです。初回は入金するだけでボーナスがもらえたり、とても良心的な ...

4

  今回は、「2in1法」という必勝法をご紹介していきたいと思います。 「2in1法の賭け方が知りたい」、「2in1法の検証結果が見たい」という方の参考になれば幸いです。 本記事の内容 ・2 ...

5

今回は「ダランベール法」という必勝法をご紹介していきます。 ダランベール法は勝率が50%以下でも利益がでる必勝法です。   「ダランベール法の賭け方が知りたい」、「ダランベール法の検証結果が ...

-ラブシェール法
-

© 2022 カジノ研究室 Powered by AFFINGER5