【徹底検証】ウィナーズ投資法の勝率は?100回検証して調べてみた


ウィナーズ投資法という必勝法を知っていますか?
ウィナーズ投資法は数列を用いる必勝法で、上級者向けの必勝法であると言われています。


果たして、この上級者のウィナーズ投資法の勝率はどのくらいなのかということを確認するために、今回は実際にルーレットでウィナーズ投資法の検証を行いました。


検証の結果を表やグラフにわかりやすくまとめましたのでどうぞご覧ください。
まずは、ウィナーズ投資法を知らない方のために賭け方から説明していきます。

ウィナーズ投資法とは?


ウィナーズ投資法は、2倍配当のゲーム(ブラックジャック、バカラ、ルーレット赤黒など)で使用できる必勝法です。
勝率が50%(勝ちと負けの数が同じ)になれば必ず利益が出る面白い必勝法です。


この必勝法は数列を使用するため、メモを取りながら進めていく必要があります。
ウィナーズ投資法の賭け方の手順は以下の通りです。


ウィナーズ投資法の手順➀

1ゲーム目は、$1をBETします。勝てば1セット終了で、負けたら数列に1と書き、手順②へ進んでください。



ウィナーズ投資法の手順⓶

2ゲーム目は、また$1をBETします。勝てば1セット終了で、負けたら数列の一番右に1を書き加えて、手順③へ進みます。


ウィナーズ投資法の手順③

3ゲーム目からはBET額が変動していきます。
3ゲーム目以降のBET額は、「数列の一番左の数字を2倍にした金額」となります。


現在数列は2連敗して「11」となっているので、一番左の数字「1」を2倍した$2をベットします。
勝った場合は数列の一番左の数字を消去し、負けた場合は今回BETした金額を数列の一番右に書き加えてください。


3ゲーム目に勝った場合の数列は「1」で、
3ゲーム目に負けた場合の数列は「112」となります。


あとは手順③を繰り返し、数列の数字が全て消えたらウィナーズ投資法の1セットが終了で、必ず利益が出るようになっています。
0勝2敗の状態からスタートし、勝ちと負けの数が同じになれば数列の文字が全て消え、1セット終了となります。



下の表はウィナーズ投資法1セットの例です。


ゲーム数 BET額 勝敗 収支額 数列
1ゲーム目 $1 -$1 1
2ゲーム目 $1 -$2 1 1
3ゲーム目 $2 0 1
4ゲーム目 $2 -$2 1 2
5ゲーム目 $2 -$4 1 2 2
6ゲーム目 $2 -$2 2 2
7ゲーム目 $4 +$2 2
8ゲーム目 $4 +$6 なし

勝敗のところを見ると、しっかり4勝4敗で勝ち負けの数が一緒になったときに1セットが終了しています。
そして、終了時の収支額を見ると、「+$6」としっかり利益が発生しているのがわかります。


このように、数列を使って勝率が50%になったときに利益が確定する必勝法が「ウィナーズ投資法」です。


では、このウィナーズ投資法は実際どのくらい勝てるのでしょうか?
今回はその勝率を確かめるべく、検証を行ってみました。


ウィナーズ投資法の検証


今回は、ベラジョンカジノの「Roulette Neo」というヨーロピアンルーレットを使って、実際にウィナーズ投資法を100回検証しました。

まずは勝ち負けの内訳表をご覧ください。

  回数 今回の確率 理論値
勝ち 54回 54% 48.65%
負け 46回 46% 51.35%

ルーレットの赤に100回かけ続けた結果、54%の確率で勝利することができました。
理論値を5%超えているので、少し良い結果となりました。

続いて収支額の推移のグラフをご覧ください。

100回ルーレットを回し、ウィナーズ投資法を8セット完了させることができました。
結果、100回転終了時の総収支額は+$895と大勝利することができました。


検証してみて思ったことは、序盤に連敗が続くとウィナーズ投資法を終了させるのがなかなか難しいという事です。
1セットを終了させるのに最も時間がかかったのは3~50ゲーム目で、3ゲーム目から5連敗してしまったため数列を全て消すのに48ゲームかかってしまいました。




しかし、私はこの検証で1つ重要なことに気づくことができました。
それは、ウィナーズ投資法を1セット完了させなくても+収支になることがあるという事です。


2セット目は50ゲーム目に終了しましたが、48ゲーム目の時点で数列が全て消えていないのに+$158の+収支になっていました。
よって、数列が全て消えていなくても+になった時点でリセットするのがリスクが少なく、ウィナーズ投資法の最も良い使い方であるという結論に至りました。

 

ウィナーズ投資法のメリット・デメリット


今回の100回の検証でわかったウィナーズ投資法のメリット・デメリットをまとめました。


ウィナーズ投資法のメリット


ウィナーズ投資法のメリット1:負けるほど勝利額が大きい

ウィナーズ投資法のメリットの1つ目は、負けるほど勝った時の利益が大きくなるということです。
今回の検証では、一度収支が-$354まで下がりましたが、そのあとの勝利で+$1182の大きな利益にすることができました。

マーチンゲールは掛け金が上がっても勝利時の利益は変わりませんが、
ウィナーズ投資法は掛け金が上がった分利益が上がるので気持ち的にも少し楽な必勝法だと思います。


ウィナーズ投資法のメリット2:数列を全て消さなくても利益になることがある

ウィナーズ投資法のメリットの2つ目は、1セットを完了させなくても+収支になる場合があるという事です。
ウィナーズ投資法は、基本的には勝ちと負けの数が一緒になったときに利益が発生する必勝法ですが、そうではない場合があります。


それは1セットが長引いたときで、掛け金が大きくなるので数列の数字を全て消さなくても+収支にすることができます。
その場合は+収支になった時点でリセットするのが最も有効な使い方であると言えるでしょう。



 

ウィナーズ投資法のデメリット


ウィナーズ投資法のデメリット1:負けと勝ちが交互に続くと勝てない

ウィナーズ投資法のデメリットの1つ目は、「✕〇✕〇…」と交互に続くと勝てないという事です。
負け勝ちが交互に続くとBET額がどんどん上がっていき、やがてテーブルリミットに達してしまいます。


テーブルリミットに達すると損切りをしなければならないので、大きなマイナス収支となってしまいます。
ウィナーズ投資法を使うときは、なるべくテーブルリミットが大きい場所を推奨します。


ウィナーズ投資法のデメリット2:勝ちの確率が理論値通りになれば勝てない

ウィナーズ投資法のデメリットの2つ目は、勝ちの確率が理論値の48.65%になれば勝てないという事です。
ウィナーズ投資法は、基本は勝率が50%になると利益が発生しますが、ルーレットの出目は「0」があるので実際の勝率は48.65%となっています。


よって、長引いてしまった時は勝率が50%にならなくても利益が発生する場合があるので、確立が収束する前にそこでリセットするようにしたほうが良いという事になります。



まとめ



ウィナーズ投資法は基本は勝率が50%になったときに利益が発生する必勝法です。
しかし、勝率が50%になっていなくても+収支になることがあり、その場合は+収支になった時点でリセットするのが最善の方法だという結論に至りました。


今回検証に使った「Roulette Neo」は、ベラジョンカジノで無料でデモプレイすることができます。
下にリンクを張っておくので、自分でウィナーズ投資法を試してみたいという方はご利用ください。
>>ベラジョンカジノデモプレイはこちら


最後までご覧いただきありがとうございました。

人気の記事一覧

1

今回は、アニメテーマのオンラインカジノ「ラッキーニッキー」の評判についてです。ラッキーニッキーは、カジノゲーム数が多く、日本語対応のサポートも充実しているため、日本で人気上昇中のオンラインカジノです。 ...

2

今回は、アニメテーマのオンラインカジノ「ラッキーニッキー」の登録方法についてです。ラッキーニッキーは国内電話、メール、チャットで手厚い日本語サポートがついており、オンラインカジノゲームは2000種以上 ...

3

今回はベラジョンカジノに登録する方法を解説します。ベラジョンカジノは、日本語対応やサポートが充実しているので、日本人プレイヤーが多いカジノです。初回は入金するだけでボーナスがもらえたり、とても良心的な ...

4

  今回は、「2in1法」という必勝法をご紹介していきたいと思います。 「2in1法の賭け方が知りたい」、「2in1法の検証結果が見たい」という方の参考になれば幸いです。 本記事の内容 ・2 ...

5

今回は「ダランベール法」という必勝法をご紹介していきます。 ダランベール法は勝率が50%以下でも利益がでる必勝法です。   「ダランベール法の賭け方が知りたい」、「ダランベール法の検証結果が ...

-ウィナーズ投資法
-

© 2022 カジノ研究室 Powered by AFFINGER5