グッドマン法(1235法)とは?実際に100回検証してみた結果

今回紹介する「グッドマン法」は「1235法」とも呼ばれています。

その名の通り、1→2→3→5と順に掛け金を増やしていくカジノ必勝法です。

このグッドマン法は、連敗してもあまり資金を失わなくて済むので、守備型の堅実な必勝法として知られています。

今回は、グッドマン法のメリット・デメリットや、実際に使えるかどうかなどを検証してみたので良ければご覧ください。

グッドマン法(1235法)とは?      


グッドマン法は、配当が2倍のゲーム(ルーレット、ブラックジャック、バカラ)で使える必勝法です。

連勝が続く限り1→2→3→5→5→5…とBET単位を上げていきます。

負けたタイミングで1セットが終了し、初期BETに戻します。



下の表は1セット行った例です。

ゲーム数12345
BET額$1$2$3$5$5
勝敗
払戻し$2$4$6$10$0
収支額+$1+$3+$6+$11+$6


上の例は収支が+で終えることができた例です。

4連勝できれば、かなりの+収支を得ることができます。

ですが、4連勝できる確率は低く、実際は2連勝、3連勝で止まってしまうことが多いです。


では、1,2,3,4ゲーム目で負けると収支はいったいどうなるかをそれぞれ見ていきましょう。


1ゲーム目で負けた場合

ゲーム数1
BET額$1
勝敗
収支額-$1

1ゲーム目で負けた場合、収支は-1ドルで、次も1ドルをBETします。

このため、連敗が続いても損失が1ドルしか出ないため、守備型の必勝法と言えます。



2ゲーム目で負けた場合

ゲーム数 1 2
BET額 $1 $2
勝敗
収支額 +$1 -$1

2ゲーム目に負けると収支は-1ドルとなります。

「1ゲーム目で勝利して得た金額」を2ゲーム目にそのままBETするため、2ゲーム目に負けるとマイナスになってしまいます。

そのため、〇×〇×と交互に続くと収支はマイナスになります。

よって、グッドマン法は「連勝しなければプラス収支にならない必勝法」であることがわかります。



3ゲーム目に負けた場合

ゲーム数 1 2 3
BET額 $1 $2 $3
勝敗
収支額 +$1 +$3 0

3ゲーム目に負けると、収支はプラスマイナス0になります。

1,2ゲーム目で得た利益をそのままBETしているからです。

そのため、2連勝さえしてしまえば、あとは収支がマイナスになることはありません。



4ゲーム目に負けた場合

ゲーム数 1 2 3 4
BET額 $1 $2 $3 $5
勝敗
収支 +$1 +$3 +$6 +$1

4ゲーム目に負けた場合、収支は+1ドルとなります。

3ゲーム目以降は、負けても損失が出ないのがこの必勝法の良いところです。


「3連勝したのに収支は+1ドルだけ!?」と思う方もいるかもしれませんが、この必勝法は4連勝以上した際に大きな+収支を得ることができます。

4連勝以上できるまで根気よく続けることが大切です。

グッドマン法を100回検証した結果   


グッドマン法の賭け方について先ほど説明しました。

では、「グッドマン法は実際に使えるのか?」という事を検証するため、グッドマン法でルーレットを100回転回してみました。

その検証の結果がこちらです。


100回転後の収支は-14ドルという結果になりました。

50~77回目に勝ち負けが交互に続いたため、大きな-収支が出てしまいました。

また、5連勝する確率は2.7%あるのですが、運悪く5連勝以上は一度も出なかったというのもマイナス収支の原因です。



しかし、グラフの終盤のほうをみると、あと1勝できれば十分に負けを取り返すことも可能だったという事がわかります。

よって、グッドマン法は実践で十分に使える必勝法だと思います。


グッドマン法のメリット・デメリット   


グッドマン法を実際に使ってみた結果を元に、メリット・デメリットをまとめてみました。

グッドマン法のメリット


グッドマン法のメリット1:連敗中はBET額が上がらない

グッドマン法のメリットの1つ目は、連敗中はBET額が上がらないことです。

連敗が続いても損失はずっと1ドルなので、1度に大きな損失が出ることはありません。

「1セットで必ず損失が2ドル以上は出ない」というのは大きなメリットだと言えます。



グッドマン法のメリット2:2連勝できればその後負けても損失は0

グッドマン法のメリットの2つ目は、2連勝できればもう損失は発生しないという点です。

グッドマン法は1、2ゲーム目で儲けた金額で3ゲーム目以降勝負をするので、3ゲーム目以降負けても損失が一切発生しません。

さらに4ゲーム目までいくと、負けても+収支で終わらせることができるというメリットがあります。



グッドマン法のメリット3:4連勝以上で大きな払い戻しが期待できる。

グッドマン法のメリット3つ目は、4連勝以上で大きな+収支を得ることができる点です。

負けた時の損失が1ドルに対し、4連勝した時は11ドルの利益を得ることができます。

よって、連敗が続いていたとしても「一気に損失を取り返すことができる」というメリットがあります。

グッドマン法のデメリット


グッドマン法のデメリット1:連勝しなければプラスになることはない

グッドマン法のデメリット1つ目は、連勝しなければ+収支になることはないという事です。

勝ち負けが交互に続くと、少しずつマイナス収支が膨らんでいきます。

さらに3連勝しても利益は小さく、4連勝以上しなければ大きな利益を得ることができないという点がデメリットといえます。



グッドマン法のデメリット2:資金を増やすのに時間がかかる

グッドマン法のデメリット2つ目は、資金を増やすのに時間がかかるという点です。

グッドマン法は4連勝で大きな利益を得ることが出来ますが、ルーレットで4連勝する確率は5.6%と低いです。

4連勝するには「約20セット」グッドマン法をしなければならないため、大きな利益を得るためには時間がかかってしまいます。



まとめ


今回紹介したグッドマン法は、守備型のルーレット必勝法です。

   ・連敗中はBET額が上がらないため、リスクが少ない

   ・2連勝できればその後の損失は0

   ・4連勝で大きな払い戻しが期待できる

というメリットがありますが

   ・2連勝しなければプラスになることはない

   ・資金を増やすのに時間がかかる

というデメリットがあります。


実際にグッドマン法を100回使ってみた結果ですが、実践で十分に使える必勝法だと思いました。

オンラインカジノでは無料でデモプレイができるので、リアルマネーを賭ける前に自分で試してみてはいかがでしょうか。

私が今回検証で使った「ベラジョンカジノ」は様々なゲームが無料でデモプレイできるのでおすすめです。


最後までご覧いただきありがとうございました。

他にもいろいろなカジノ必勝法を紹介しているので良ければご覧ください。

人気の記事一覧

1

今回は、アニメテーマのオンラインカジノ「ラッキーニッキー」の評判についてです。ラッキーニッキーは、カジノゲーム数が多く、日本語対応のサポートも充実しているため、日本で人気上昇中のオンラインカジノです。 ...

2

今回は、アニメテーマのオンラインカジノ「ラッキーニッキー」の登録方法についてです。ラッキーニッキーは国内電話、メール、チャットで手厚い日本語サポートがついており、オンラインカジノゲームは2000種以上 ...

3

今回はベラジョンカジノに登録する方法を解説します。ベラジョンカジノは、日本語対応やサポートが充実しているので、日本人プレイヤーが多いカジノです。初回は入金するだけでボーナスがもらえたり、とても良心的な ...

4

  今回は、「2in1法」という必勝法をご紹介していきたいと思います。 「2in1法の賭け方が知りたい」、「2in1法の検証結果が見たい」という方の参考になれば幸いです。 本記事の内容 ・2 ...

5

今回は「ダランベール法」という必勝法をご紹介していきます。 ダランベール法は勝率が50%以下でも利益がでる必勝法です。   「ダランベール法の賭け方が知りたい」、「ダランベール法の検証結果が ...

-グッドマン法
-

© 2022 カジノ研究室 Powered by AFFINGER5